Archive for 7 月, 2010

いつも読んで下さる方、ありがとうございます!

土曜日, 7 月 24th, 2010

前回わたしが書かせてもらった、
「セルライトと血行障害」に関するブログなんですが、
 
意外な人にも読んで頂いていたようで、
昨日、博多にあるエステサロンのオーナーさんから、
 
「セルライトに、血行障害が関係してるなんて、
知らなかった…!
サロンのスタッフの勉強会の資料として、
ぜひ使わせてほしい。」
という、連絡を頂きました。
 
タイ古式を初めてまだ1年少し。
ひとつずつ、とりあえず自分が興味を持ったものから調べて勉強し、
少しずつ、新しい知識を増やしながらのブログなので、
とてもうれしかったです。
 
また、
「まだまだ経験浅いセラピスト」だと十分バレてしまいながらも、
10年以上のプロ整体師さんにも読んで頂いていたようで、
何度かラカンタイにご来店頂いたこともあり、
本当に励まされる毎日です。
 
いつも読んで下さる方、ありがとうございます!
 
みなみ

血行を良くしてセルライト退治!

土曜日, 7 月 17th, 2010

「セルライト」って、聞いたことはあるけれど、
 
それは実際何なのか?
脂肪とはどう違うのか?
 
最近、知人からそんな事を聞かれました。
 
聞かれて始めて、
ふと、同じ疑問を持ってる人も多いんじゃないかな
と思ったので、今日はそんな話をします。
 
まず、セルライトは、基本的に女性だけにできるものです。

↑上図のように、太ももをつねってみて、
皮膚がボコボコっとした感じがあれば、
それがセルライトです。

↑こんな風にギューっとしてみると、
ほとんどの女性がセルライトを発見してしまうかも…
 
こんな「セルライト」がある人は、
同時に、
 
むくみやすかったり、
傷や痣が治りにくかったりします。
 
そして、体のほかの部分と比べて、
セルライトのある部分は、少々体温が冷たいです。
 
それは、二酸化炭素や老廃物を集めて運び去る、
血液やリンパの流れが遅くなって、
からだに余分な水分や老廃物が溜まってるってことです。
 
ひどくなってくると、
皮膚の下の毛細血管が切れやすくなっているので、
ちょっと重いカバンを持った部分や、ブラの肩ひものところに内出血ができる。
ふと気がついたら、身に覚えのないところに痣ができていたりします。
普段から「冷え性」であることを自覚している人も多いと思います。
 

↑上図がセルライトのある部分の、皮膚です。
皮下組織に、脂肪がいっぱいありすぎて、
血管やリンパ管を圧迫しているんです。
 
圧迫されてしまったら、当然、スルスルと流れることができず、
流れが悪くなって留まってしまいますね。
  
そこで、
「脂肪」と「セルライト」は何が違うのかをまとめると、
 
「脂肪」は、
肥満度と比例して、男女両方にでき、全身につくもの。
単純に細胞が肥大化したもので、
食事制限や運動で減らすことができます。
 
「セルライト」は、
女性のみにできるもので、
皮膚表面のすぐ下の、血管やリンパ、神経の通ってるところにできます。
主に、太もも、おしり、おなか周り中心につき、
周辺の組織を巻き込んで線維化します。
スリムな人にでもできるもので、
食事制限や運動をしてもほとんど減らないうえ、
血行不良やむくみ、冷えを促進して、
見た目の悪さだけでなく、健康にも有害なものです。
 
「下半身太りをどうにかしたい」とか、
「ダイエットしても胸ばかり先になくなって、下半身はぜんぜん痩せない」、
と感じてる方は、
まず血液とリンパの流れをよくすることが、
美容にも健康にも、いちばんの近道だと思います。
 
本来、日本人は、魚や穀物、野菜中心の食事だったので、
基本的に血はサラサラ。
セルライトなんて無かったし、知らなかったんですよね。

食の欧米化も、ある程度何年も進んだ今になって、
実は「セルライト」という健康被害も、
同時に輸入してしまってたことに気づいたという訳です。
 
 
セルライト大国の欧米では、
その健康被害の実態や対処法も、
”医学的に認知”されていて、
エステなどで施術が”保険の範囲で”受けられる国もあるんですが、
 
日本ではまだまだ。
”美容業界的にしか認知されてない”気がします。
 
セルライトは、長い時間をかけて積み上げてきた、
食生活やライフスタイルによって作られるものです。
 
加工食品、スナック菓子、糖分や脂肪分の多い食事が、
脂肪を蓄積させる→
脂肪で圧迫された部分の血液やリンパの流れが悪くなる→
セルライトになる。
 
濃い味が好き、海藻や果物を食べる機会が少ない、たんぱく質不足の食事が、
カリウムとナトリウムのバランスを崩して、水分過剰になり、むくみ発生。→
セルライトを招く。
という具合です。
 
ところで、
タイ古式マッサージは、2500年の古い歴史があって、
私がこのブログで、たびたびご紹介している、
私の好きな、”東洋医学的な考え方”に基づいた施術です。
 
人間の身体を構成する要素は、
内臓器官や表面的なものよりも、
「気」と「血」と「水」。
つまり、
「血液、リンパ液、ホルモン、神経など、
身体じゅうを流れている要素」こそがいちばん大事で、
そこを正常にすることが、健康と美容の基本中の基本ですよ!
ということです。 

なので、
「気」と「血」と「水」が流れる大事な部分が、
脂肪細胞などで圧迫されて正常に流れていないのは、
当然、「不健康」という訳です。
 
どうでしょう?
血液とリンパの流れを意識した生活を始めて、
セルライト退治しませんか?
 
 みなみ