Archive for 5 月, 2010

眼精疲労のはなし。

土曜日, 5 月 29th, 2010

「眼精疲労」って、
私たち人間にはあって、
犬やネコ、動物にはないって、
知っていました?
 
 
 
 
人間の「視力」は、
他のどんな動物と比べても一番優れているそうです。
 
他の動物に比べて、優れた嗅覚もない、
バランス感覚、瞬発力、足の速さ、力強さなど、
運動能力も劣っていて、
空を飛べずに、水中で生活できずに、
ここまで繁栄したのは、
「視力」があったからだという話を、
最近読みました。

 
 
 
 
 
人間の目には、
モノを注視して見分ける能力があり、
色を正確に識別でき、
遠近感も正確につかむことができます。
 
道具を使えたり、言語を使いこなせるのも、
近くのものを正確に見ることができるからだそうです。
 
「眼精疲労」とは、
目の使いすぎが、
目だけでなく、首や肩のハリなど、
からだにも倦怠感や疲労感を感じることです。
 
なぜ、目だけじゃなく、
からだ全体が疲れてしまうのか?
 
目を働かせるためには、
脳や神経が活動しなくてはいけないからです。
 
脳派を見てみると、
しばらく閉じていた目を、パッと開いただけで、
それまでゆったりとしていた脳波が、
細かく速く振れるそうです。
 
目を開けてるだけで、脳の働きが盛んになるからです。
 
目のピントを合わせて、細かいものをみるには、
自律神経が働きます。
 
なので、
目を使いすぎて負担がかかると、
頭痛、吐き気、めまいなど、
自律神経に関連した症状が出るんですね。
 
私は、寝る前に、
めがねやコンタクトレンズを外して布団に入ると、
ボヤけてよく見えないけれど、
特に何も見ようとしなくていいので、
それが、不思議とリラックスします。
 
逆に、
普段から、老眼や近視で見えにくいのに、
ムリして、めがねやコンタクトなどを使わないで見ようとしたり、
めがねやコンタクトが合ってないと、
脳や、からだにも負担がかかってますよ。
ってことですよね。
 
目が疲れたなと思ったら、
ちょっとだけ、数秒間でも、
目を閉じてみて、脳を休ませてあげるのは、どうでしょうか?
 
 
たとえば、仕事の帰り道の電車のなかは、
つり革広告、他の人の顔など、
特に見なくていいようなものばかりです。
 
ヘンな姿勢で、揺れる車内で小さいケータイ画面を見たりしてると、
いちばん目が疲れます。
 
しばし目を閉じて、瞑想とかどうでしょう?
 
翌日の体調もちょっとは違う気がしますよ。
 
みなみ

サプリだけ飲んだってダメ。

土曜日, 5 月 29th, 2010

「ごはんは抜くことが多いけど、
ビタミンやミネラルなど、
私は、いつもサプリを飲んでるから健康です。」
と、おっしゃる女性にお会いしました。
 
私は、その分野の専門家ではないけれど、
私の持ってる知識だけでも、
それは、ちょっとどうかな?と思います。
 
サプリや、機能性食品は、
普通の食事で不足しがちな栄養素を、
別な形で補うためのものなので、
 
基本的には、
食事から栄養素を摂るのが一番いいんです。
 
現代人の生活習慣病なんかも、
全部栄養素の摂りすぎから、来ています。
 
だって、考えてみてください。
例えばマルチビタミンやマルチミネラルの錠剤。
100%ビタミンやミネラルだけでできてると思いますか?
 
有効成分と同時に、
それを固めている凝固剤や合成成分も
一緒に飲み込んでいます。
胃、肝臓、腎臓に負担をかけてるような気がしませんか?
 
糖質、脂質、たんぱく質の3大栄養素は、
普通の食事では不足するはずがないので、
それ以外の栄養素で大切なもの、つまり、ビタミン、ミネラルなどを補う
という目的でサプリは作られています。
 
食事をします。
食べたもののうち、
からだに「溜められる栄養素」と、
からだに「溜められない栄養素」があります。
 
溜められるのは、糖分や脂質。
(溜めすぎになってしまうのも問題ですが。)
例えれば、ガソリンです。
 
逆に、溜められないのは、ビタミンやミネラルです。
例えれば、エンジンオイルです。
溜められないので、常に補給が必要なんです。
だから、サプリで”補う”んです。

食事をきちんと食べないで、
いろんなサプリを摂っても、
ぜんぜん健康じゃありません。
 
燃料を入れないで、エンジンオイルや添加剤だけで、
クルマを走らせるようなものです。
 
食べ物に含まれる栄養素は、
からだを動かすエネルギー源です。
 
私たちのからだは、60兆個の細胞で出来ているんですが、
細胞は、常に古いものから新しいものに、
生まれ変わります。
 
なので、私たちが生きていくには、
食事から摂った栄養素を燃料にして、
常に、細胞を修復していかないといけないんです。
 
エンジンオイルばかり入れてガソリンを入れないと、
クルマは動きません。
ガソリンを入れても、エンジンオイルを入れすぎると、
トラブルのもとです。
 
きちんと3食、その時からだが必要な量を意識して、
食べるようにしてみませんか?
 
みなみ

前頭葉を鍛えよう。

金曜日, 5 月 28th, 2010

最近、
自分でフェイスマッサージをするとき、
おでこも意識してマッサージしている
みなみです。

 
頭皮のたるみは、いずれおでこのシワになるということで、
シャンプー時には、よく頭皮をマッサージしていたんですが、
 
そうだ、おでこもマッサージすればいいんじゃないかな、
と、ふと思いました。

それで、おでこについて、しばし考えていたんですが、
 
おでこって、人間にしかないのは、ご存知でしたか?
 
小さくて、狭いことのたとえに、
よく、「ネコの額」と言われたりしますが、
 
実際、ネコや犬には、額はありません。

馬や牛にも額はなくて、
あるのは、きっと類人猿くらいです。

なぜかって?
 
人間の額が大きくなったのは、
他の動物よりも「大脳」が発達したからです。
 
大脳の前の部分、つまり、
ちょうどおでこの部分にあるのが「前頭葉」で、

理性、感情、記憶など、
人が人として社会生活するのに不可欠な働きが
備わっています。
 
 
ところで、最近のキレやすい若者は、
きっと前頭葉が十分発達しなかったんでしょうね…
と、ふと思います。

前頭葉は、
人とコミュニケーションすることや、
我慢するとか、ほめられるとかで、
刺激を受けて、鍛えられて、
正しい思考や、判断力が出来るようになるんです。
 
 
また、前頭葉は、
五感からの情報を統合して、判断するところなので、
小さい手作業をすることでも鍛えられます。
 
 
プラモデル、折紙、バービー人形遊びとか、
自分の想像力と、創造力を駆使して遊んでいた
私の世代に比べて、

今の子供は、すでに創りあげられたストーリーのゲームを、
画面を眺めてボタン操作するだけの単純な”作業”なので、
そりゃあ、前頭葉も衰えるでしょうね。
それはいいとして、、、、
 
 
人間は、前頭葉が発達しているので、
他の動物に比べて、
「感情」がとっても豊かです。

前頭葉が発達していて、おでこがあるおかげで、
他の動物に比べて、
感情を顔に映し、顔の表情を出すことになりました。
 
実際に、表情の豊かな人は、話しやすくて、親しみやすく、
表情のない人はロボットみたいで、ちょっと恐くて近づきがたいですよね。

 
犬やネコは、嬉しくても怒っていても、
表情はそう大きく変わりませんよね。

おでこって、
マッサージしてみると、意外と気持ちいいものですよ。
なんだか気分が落ち着きます。

マッサージで、
おでこにある「前頭葉」を活性させれば、
記憶力もアップ。
 
正しい思考もできるようになり、
判断力もアップ。
 
普段のヘアスタイルとしても、
おでこは出していたほうが、運気アップにつながります。
 
眉間の辺りは、
いろんな運気や、インスピレーションの入り口です。

直観力を司るチャクラで、「第3の目」とも言われるくらい、
とっても重要な場所です。

わたしは、常におでこを出して、
顔をすっきり見せるようにしています。
 
疲れたとき、戸惑ったとき、
気持ちをリラックスさせ、気分を落ち着かせるため、
今日もおでこをマッサージしてみようと思います。
 
みなみ