Archive for 3 月, 2010

なぜ、タイ古式マッサージなのか? その1

月曜日, 3 月 15th, 2010

なぜタイ古式マッサージなのか?
 
タイ古式マッサージは他のマッサージと比べて、
なにがどう違うのか?
 
そういえば、
まだブログ上で皆さんにお話してませんでしたね。
 
まずは、タイ古式の歴史をお話します。
 
日本の指圧は140年ほどの歴史ですが、
タイ古式マッサージの歴史は、
2500年前まで遡ります。
 
いきなり、仏教の話になりますが、
実は、タイ古式を語るには、仏教を語らずには、
前に進みません。
 
日本では、
中国から伝わった「大乗仏教」が一般的ですが、
 
タイでは、
インドから伝わった「小乗仏教」を深く信仰しています。
 
タイ古式マッサージも、小乗仏教も、
もともとは、インドにいた仏教の僧侶たちが、タイへ、
移り住んだことが始まりです。
 
タイに仏教が伝来したとともに、
タイ医学もだんだん出来上がっていきます。
 
大陸続きなので、インドとは似たところはあります。
例えば、ヨガはインドが発祥ですが、
タイ古式マッサージでも、
ヨガ的なポーズを相手にさせてからだをストレッチするので、
「ふたりでするヨガ」とか、「怠け者のためのヨガ」とか、
呼ばれることがあります。
 
タイ医学として、最古のものとしては、
ヤシの葉に書かれた医学書が
あったそうなんですが、
その後の戦争でビルマ軍に焼かれてしまって、
今はありません。
 
タイ古式マッサージに関して、
今でも残っている一番古い資料としては、
寝釈迦仏で有名な、
バンコクのワットポーというお寺の
石碑に残されているもので、
1837年頃のものです。
 
からだの前面と背面の図あわせて60枚くらいに、
人体を流れるセン(経絡)の図が描かれています。
 
これは、観光で行った時に見てきたよっていう人も、
きっと多いですよね。 
 
 
他のマッサージと違うのは、
タイ古式マッサージは、
 
仏教の教えを学ぶ場である、お寺で施されていたこと。
 
仏教の教えに基づいて、仏教とともに発展したこと。
 
その昔、タイの人は、
僧侶に、
マッサージのしかたや健康の相談をしていたそうです。
 
今でも、
タイ古式マッサージの施術を始める前には 、
健康と幸せの祈りを込めて、お客様に向かって、
胸の前で両手を合わせて、
「ワーイ」(合掌)をします。
 
ラカンタイのタイ人スタッフは、
お店に出勤してくるとき、退勤するとき、
必ず、店内に飾っている「ミニ仏像たち」に、
ワーイ(合掌)をすることを忘れません。
 
タイで会った私の知人のタイ人の多くも、
仏像がそこにあるのが見えれば、
歩行中でも、おしゃべりの途中でも、
路線バスや電車の車窓からでも、
タクシー乗車中の車窓からでも、
必ず手を合わせていました。
 
このように、タイ古式マッサージは、
凝りがほぐれて気持ちよくなるという目的だけじゃなく、
「マッサージの施術をはじめる前に、
手を合わせて、相手の健康と幸せを願う」という、
とっても仏教らしい、
「相手への思いやりの心」
がすごく感じられますね。
 
マッサージは、
人の「手」によって施されるものなので、
施術を担当する私たちの、
精神的なものや、思いやりも、
「手」から伝わる気がします。
 
私は、そういうところに、
すごく魅力を感じています。
 
その2に続きます。→→
 
みなみ

しそジュース

土曜日, 3 月 13th, 2010

栄養満点、疲れ知らず、美容にもいいことだらけ。
私、みなみも大のお気に入りの、
「しそジュース」を作ってみませんか?
 
しそは、
ビタミン、カルシウム、鉄分、亜鉛、カロテンなど、
栄養価がこんなに高い野菜ってないんじゃないかってくらい、
すごいんです。
 
しその働きは、
①あの特有の香りが胃液の分泌を促してくれる。
②刺身と一緒に生葉が付いてくるように、
魚毒の中和や食物の防腐効果や食中毒予防。
③花粉症などのアレルギー反応を抑えてくれる。
④発汗を促して、熱を鎮めてくれる。
⑤なにより美容にいいのは、
人間のからだを酸化される、
活性酸素を除去してくれることです。
 
作り方レシピはこちら↓
 
赤しそ200グラムを2リットルのお湯でグツグツ煮る。
赤しそをこして、煮汁のみを取り出す。
はちみつ300グラムを加える。
冷めたら、クエン酸かお酢を小さじ3杯くらい加える。
冷蔵庫で冷やして常備しておく。
 
しそジュースは、
ファンタグレープみたいな、
けっこう鮮やかな感じの色になります。
味は、クセもなく、
おいしくって飲みやすいですよ。
 
ぜひ、作って飲んでみて、
「疲れ知らずのタフなからだ」を、
手に入れてくださいね。
 
みなみ

「凝っている」ってなに?どうして「凝る」の?

金曜日, 3 月 12th, 2010

「体のどこどこが凝っている」って、
 私たち、日常生活でよく言いますよね。
 
 
じゃあ、 「凝っている」状態って、いったいどういう状態なの?
どうして「凝る」の?
って、お客様から質問されました。
 
こんなふうに説明してみました。
 
からだの筋肉は、
やわらかくって弾力があるのが、
正常な状態です。
 
「凝っている状態」とは、
その正反対で、
筋肉が硬くなっていて、縮こまっている状態なんです。
 
筋肉が硬くなって、縮こまっていると、
血行が悪くなります。
 
血行が悪いと何がだめなのかと言うと、
老廃物、二酸化炭素、余分な水分などを含んだ、
「古い血」がからだに滞ってしまうから、
だめなんです。
 
筋肉のなかには、「毛細血管」がたくさん通っています。
 
新鮮な酸素と栄養素を含んだ「新しい血」は、
その「血管」から、からだのあちこちへ運び込まれ、
帰りに、
二酸化炭素、水、老廃物を含んだ「古い血」を運び去り、
最終は、おしっこや汗として、からだの外へ排出されます。
 
なので、
「凝り」があると、血管が圧迫され、
酸素と栄養素は、からだの必要なところに運ばれにくい。
老廃物は排出されにくい。
つまり、「代謝が悪い」状態になるんです。
 
タイ古式マッサージでからだの「ツボ」を圧迫するのは、
細胞内の老廃物を、毛細血管へ、
意図的に押し出すのが目的です。
 
「ツボ」とは、
病気や不調があるときに、
生命エネルギーの「気」や、
からだの栄養素を運ぶ「血液」の、
「流れ」がうまくいかなくなって停滞し、
流れの道(経絡の沿線上)にある、反応する「点」です。
 
流れが滞っているところの「ツボ」を刺激すると、
しこりがあったり、痛みがあったり、皮膚がくぼんでいたりします。
 
わたしたちセラピストは、
マッサージさせてもらいながらこれを見つけて、
「ココがよく凝っていますね~」
というような話をしています。
 
からだが凝ってしまう原因は、
たくさんあります。
 

からだがきちんと伸びていない姿勢で、長時間同じ姿勢を続けている。
スポーツや仕事で特定の筋肉だけに負担がかかっている。
普段からあんまり筋肉を使わないことで、筋肉が衰えている。
精神的なストレスで、それに関連した神経が興奮しているため、その神経につながっている、首の胸鎖乳突筋と、肩の僧帽筋が凝る。
身体が冷えている。からだが寒さや冷えを感じるときに、体温調節のため、毛穴がキュッと閉まるんですが、同時に、筋肉もカチンと、強張ってしまうんです。なので、からだが冷えた状態が続けば、からだは「凝り」ます。

 
どうでしょう。
 
「凝り」のこと、
少し分かってもらえましたでしょうか?
 
凝りをほぐすことで、
全身の血行も良くなり、細胞の一つ一つにまで、
酸素や栄養素を運ぶことが出来ます。
 
そうすると、体調のいい状態になり、
自然治癒力もアップするというわけですね。
 
凝りを溜めすぎない生活。
始めてみませんか?
 
凝って凝って、つらいときは、
忙しくても後回しにせず、
こちらにいらしてくださいね。
 
タイでは、
体調管理のため、未病を防ぐため、
心身健康になって、次の日からの仕事での生産力を高めるため、
定期的にマッサージに通う人が多いです。
 
みなみ