Archive for 9 月, 2009

ドイツで温泉に入る。

木曜日, 9 月 17th, 2009

お風呂大好きの、みなみです。
 
最近行ってきた、ドイツ旅行の話なのですが、
フランスとの国境に程近い、黒い森地方の、
中世からの歴史ある温泉保養地、
「バーデンバーデン」という街にも
滞在しました。
 
バーデンバーデンは、
中世のころから親しまれている温泉保養地で、
是非行って見ようと、前から思っていました。
 
自然の豊かなところで、
街の中心部は、小高い丘になっていて、
坂道が少々大変ですが、
教会があって、
お散歩できる噴水や公園があって、
おしゃれなカフェやレストランがたくさん。
 
フランスの国境近くなので、料理も美味しくて、
ブティックやカジノなどもあって、
古くから、ヨーロッパ中からの湯治客が集まる、
おしゃれで、きれいな街でした。
 
滞在中、国境を越えて、
世界遺産の街、フランスのストラスブールへも、
電車を乗り継ぎながら、片道1時間少々で、
日帰りで行ってみました。
 
しかし、日本の温泉に親しんだ私としては、
全体的な印象として、
「お風呂のお湯がぬるい!」のが、
少々残念でした。
ドイツは、8月末からすでに、
朝夕は10度前後まで冷え込んでいたので、
もう秋なんだなぁっていう気候だったので、
特にそう思ってしまっただけかもしれませんが。
 
総面積が1000平米あるという、
ガラス張りの、広くて天井の高い、
モダンな温泉センターの、
「カラカラ浴場」にまず行きました。
 
水着着用の混浴です。
すっごく大きな円形のお風呂で、
半分は屋外に続いていて、
露天風呂(というより温水プール)に浸かりながら、
黒い森の大自然の眺望と、
山のすがすがしい空気が満喫できます。
 
室内に続くもう半分は、
円形のお風呂が、
だんだん畑のように何段にもなっていて、
それぞれ温度の違うお湯、
流れるお風呂、泡風呂、滝の湯、
アロマスチーム風呂、サウナなどがありました。
入浴の合い間に軽食やドリンクを買って食べられる
カフェもありました。
 
カラカラ浴場の別棟では、
エステやマッサージなどもできるんですが、
さすがに高かったのと、
時間の関係で、残念ですが私は行きませんでした。
 
もう一つは、「フリードリッヒ浴場」で、
ヨーロッパ随一の美しさと歴史を誇る浴場です。

1870年ごろに建設された
ルネッサンス様式の建物だそうで、
お風呂に浸かりながら、
よくある、ぽっちゃりした裸の女性の石像や、
高い天井に、
天使などが飛んでいるような、
カラフルで豪華絢爛な絵画や彫刻を眺めながら、
まるで美術館のなかで
お風呂に浸かってるような気分でした。
 
ここでは、一箇所をのぞいて、男女別れていて、
水着ではなくて全裸で入ります。
1番から17番まで、順路に沿って進んで、
全部で所要3時間半。
ところどころにいる、案内のスタッフに従って進みます。
 
順番はうろ覚えですが、
まずシャワー2分⇒サウナ15分⇒
もうちょっと熱いサウナに5分⇒
石鹸ブラシで全身マッサージを受けること10分⇒
ハーブの蒸し風呂15分⇒シャワー2分⇒
ぬるいお風呂10分⇒
もうちょっとぬるいお風呂10分⇒
泡のお風呂15分⇒
混浴のお風呂5分⇒
(ここまでの工程を2度くりかえしてもOK)
そして、シャワー2分⇒
タオルで乾かして休憩2分⇒
ボディローションでマッサージをしてもらうこと10分⇒
ローションで保湿した身体を、
繭のように全身タオルに包まれてお昼寝30分⇒
バスローブ姿でリラックス空間に20分、
で全行程が終わります。
 
その後、ロッカーに戻って、
自分で、着替えたり、お化粧して、髪をセットなどして、
飲泉場所で温泉水を飲んでみたり、
ショップをのぞいてみたり。。。という具合で、
ええ、お風呂に入りに行くだけなのに、
所要3時間半って?
っと思ったのですが、
やっぱり軽くそれくらいの時間は
軽く過ごしていました。
 
サウナのあと、
大理石のマッサージベッドに横たわって、
石鹸つきブラシで全身をゴシゴシしてもらったり、
入浴後にボディローションをマッサージしながらぬってもらったり、
なかなか日本ではあり得ない体験もできたので、
今回、ここに来れてすごく良かったです。
 
そういえば、
クナイプというブランドの入浴剤は、
日本でも有名ですが、
ドイツのものです。
 
ドイツには他にも、あっちこっちに、
このような温泉保養地みたいなのが何箇所もあります。
 
地元の人に混じってビールやソーセージを食べたり、
古城や、中世の雰囲気を残す城下町などの
観光地を散策するだけでは味わえないドイツが楽しめた気がします。
 
みなみ

オーデコロン

木曜日, 9 月 17th, 2009

みなみです。
 
2週間ほど、友人を訪ねて、ドイツへ旅行してきました。
なんだか、、、
旅行から帰って、
元の日常生活に戻ってしまうと、
あんなに楽しかった時間が、
すごく遠く感じて、
あれ、つい先週まで向こうにいたのは、
夢だったのかな?
という気分になりますね。
楽しいことって、終わりが来るのが早いです。
 
私のドイツ旅行は、
ライン河中流にある、
「ケルン」という街からスタートさせました。
 
アロマテラピーの教科書から学んで、
「ケルンは、オーデコロン発祥の地」
ということを知っていたので、
その、オーデコロンの名前の由来になったという、
「4711オーデコロン」の本店にも行ってきました。
 
「香水=フランス」みたいなイメージだったので、
アロマテラピーの歴史を勉強するときに、
へぇ、フランスじゃなくてドイツなんだ~、
ということで、印象に残っていました。
 
「ケルン」は、
ラテン語で「植民市」という語源があって、
オーデコロンは、
Eau de Cologne (オー ドゥ コローニュ)、
フランス語で、「ケルンの水」という意味で、
もともとイタリア出身の香水職人が、
「雨上がりのイタリアの泉の香り」を作りたいと思って、
1709年ドイツのケルンで、世界で最初に創作され、
製造販売されたそうです。
 
その後の1794年、フランス革命戦争の真っ只中に、
フランスの占領下だったケルンに進駐したフランス軍が、
気に入って、自国の妻や恋人たちに、
「これがケルンの水(オー ドゥ コローニュ)だよ~」
と言ってお土産に持ち帰り、
そこからヨーロッパ中に、
そして世界中に広まったのだそうです。
 
フランス軍が進駐してきたころに、
その工場に与えられた、
グロッケンガッセ通りの「4711」という番地が、
そのままオーデコロンのブランド名となって、
「4711」は今でも、
ドイツ中の、デパートの化粧品売り場、
薬局、観光客向けのおみやげ物店など、
あっちこっちで、売っています。
 
その、ケルンのグロッケンガッセ通りの4711番地にある、
オーデコロンの本店に行くと、
まず入り口に、水道の蛇口から、
「4711オーデコロン」が流れていて、
入店と同時に、手や首などにつけてみることができます。
 
2階はちょっとした資料館になっていて、
私は全然読めないけれど、
とにかく、古くから愛用されてきた歴史があって、
すごい香水なんだってことで
たくさん表彰されたんだな~、と分かるものが、
たくさん展示されていました。
 
貨幣がユーロになる前の前の貨幣のコインを入れると、
シュッと吹き出てくるという、
昔の「オーデコロンの自動販売機!」なんかもあって、
これは楽しいな~と思いました。
 (残念ながら現在は使われていませんが。)
 
で、その香りは、というと、
シトラス系のさわやかな香りで、
原料成分は、
オレンジなどの柑橘系のエッセンシャルオイルに、
ローズマリー、ラベンダーを少量、
それをアルコールと、ケルンの水で調合したもの。
…なんだそうですが、
200年たった今でも、
実は正確な調合法は門外不出で、
作った人にしか、
その香りの秘密は分からないんだそうです。
 
私のドイツ人の友達に言わせると、
「おばあちゃんの手の匂い!」
 
私は、よく飛行機に搭乗してすぐ配られる、
「おしぼりの匂い!」
と思いました。
 
シトラス系のさわやかな香りで、
むかし、どこかで嗅いだことあるような、
懐かしくて親しみのある匂いです。
 
それもそのはずで、
200年以上も前から愛用されている香りで、
ゲーテや、ワーグナーなど、
歴史に名を残した貴族たちも、
「4711」を愛用してたそうです。
 
しかし、さすがに、 おばあちゃんの匂いと言われては、
日常で使う用に、大瓶で買う気にはなれず、
とりあえず話のネタに、この「4711」の小瓶のセットと、
自分用のお土産には、同じ会社が製作した、
もうちょっと女性らしいさわやかな感じの香水を、
今回のドイツ旅行の記念に買って来たんですが、
すごく気に入りました。
いい香りに包まれると、ハッピーな気分になります。
 
みなみ

ユーカリで殺菌

水曜日, 9 月 16th, 2009

もうすぐシルバーウィークですね!
さて、街中はかなりの人ごみが予想されますが、新型インフルエンザの対策も気になるところです(>ε<)
最近のお気に入りは、ユーカリのエッセンシャルオイル。
い~い香り+殺菌効果もあるオイルです♥
ティーツリーもそうですが、やけどしたときなんか肌にちょんちょんとぬるだけで効果アリ!、のすぐれもの☆
オーストラリアの万能薬!
最近は「さらば~インフルエンザウイルス~」と思いながら、部屋にスプレーしてます。
体調管理と併せて、インフルエンザ対策していきたいと思います!
***キムラ***