Archive for 8 月, 2009

「ホワイトニング」のはなし。

木曜日, 8 月 20th, 2009

私、みなみには、
かれこれ6年ほど仲良くしている
ドイツ人の友達がいます。
 
在タイ中も、アパートの隣どうしの部屋を借りて住み、
ご飯は時間さえ合えば、
ほとんど3食一緒に食べるほど仲良し。

でも、
化粧品が好き、お肌のケアを楽しんでる私とはちょっと違って、
日々、お肌や髪の毛の調子が悪いと、愚痴は言うけど、
あんまりケアはしてないタイプ。
 
でも、お互いに外国暮らしで、
自分達の国とは、気候も水も違うので、
よくふたりで、
合う化粧品がない、合うシャンプーがない…
という悩みを一緒に話していました。

その彼女が言ってたことで、
すごく驚かされたことがひとつ。

日本でもそうですけど、
タイでも、売られてるほとんどの化粧品が、
「ホワイトニング」と書かれています。
 

彼女は、
「自分はもともと白色人種なので、それを使う意味がないんだ」
といいます。
「あなたたちの、そのまんまの肌の色で、十分美しいのにね。」
っていう発言をしてました。
そこで、疑問に思ったんですが、
ホワイトニングって、
アジア人種の私たちの、
白色人種への憧れとか、劣等感の解消というニーズで、
これだけ出回ってるんじゃないよと、
私は彼女に言ったんです。
 
「ホワイト」っていう言葉が、
きっと誤解を招いたのかもしれないけれど、
人種的に肌の色が黒っぽい人が、
人工的に肌を漂白しようとしてる訳じゃなくて、
ホワイトニングって、
「シミやくすみなどのお肌のトラブルが少なくて、
潤いと透明感のあるお肌に近づけるようにしよう」
ってことですよね。
 
「アジアに住んでると、どのお店を見ても、
ホワイトニングしか売ってない」と、
 
愚痴っていた彼女は、ある日、
百貨店の化粧品カウンターの店員に、
「ホワイトニングじゃないやつが欲しい」
と伝えたところ、
「アンチエイジング」を勧められたといって、
ブチ切れてました。
「まだ20代なのに、アンチエイジングを勧められたっ!
まったくバカにしてる。」
 
私は、
アンチエイジングは30代以上の人が対象だ、
と認識している彼女の発言に驚かされました。
 
私達アジア人と、欧米人たちとは、
きっと美に対する意識が違うんでしょうね。
  
そういえば、
実際にエステで働いている、お肌のすごくキレイな、
30代のオーストラリア人女性の知人も、
「ホワイトニング」について、
同じようなコメントをしていました。
「あなたたち、そのまんまの肌の色で十分美しいのに、
どうしてホワイトニングしたいの?」って。
 
そう思うと、
「ホワイトニング」って、
アジア諸国にしかないものなのかしら?
ヨーロッパには全然ないのかしら?
気になるので、調べてみようと思います。
 
人種によって、
気になる部位も違えば、
お肌の老化の順番も、多少違うのかもしれません。
欧米系の顔だと、まず20代のうちから、
表情ジワなど、目じりにくっきりシワが入っちゃうけれど、
私達アジア系は、シワよりも先に、
ほうれい線が深くなり、
全体的にフェイスラインがたるんでくるような気がします。
私達の方が、話すときの表情が少ないので、
顔の筋肉が衰えるのかな、と思います。
 
それなら、
欧米製の化粧品もよく好んで使ったりする
私達日本人ってどうなんでしょうか?
効き目あるんでしょうか?
やっぱり、もっと深く調べてみようと思います。
 
みなみ

おふろ大好き

水曜日, 8 月 19th, 2009

私、みなみは、
おふろが大好き。
 
おふろ入浴前後の毎夜の繰り返しも、
たまらなく好きです。
 
顔をクレンジングしたあと、
無添加シャンプーでしっかり頭皮マッサージをし、
ラベンダーの石鹸で、
ボディブラシを使って、古い角質をとりながら身体を洗ったら、
重曹入りのお風呂につかって、
ぼけーっと天井をみて、一日を振り返り、
脚の甲、太もも、お腹などをマッサージしながら、
気分がいいときは、歌も歌います。
 
お風呂上がりには、
まず顔を、いつもの化粧水で、すばやく保湿。
化粧水は、
佐伯チズさんが薦めていたように、
4枚に裂けるコットンに含ませて、顔にパックし、
1滴も無駄にせず、お肌に浸透させるようにします。
その後は、保湿クリームで
フェイスラインから、首、肩にかけてマッサージをします。
 
からだは、タイで購入した、
血行促進とデトックス効果のある「クルクミンとセサミのオイル」で、
マッサージしながら、浸透させて保湿します。
 
ここまでは、すっかり習慣になっているので、
手が勝手に動きます。
 
週1くらい、気が向いたときは、
顔のクレンジングの後、
重曹で手作りした鼻の角栓除去パックと、
洗顔の後、保湿と栄養補給に、
ヨーグルトの乳清でパックもします。
お風呂上がり、部屋に戻ると、
おふろでいい具合にふやけた足のケアをします。
足のかかとの角質取りをして、
爪を整えて、
自分専用の足ツボ押し棒で、
足ツボをぐいぐい押します。
 
ついでに、手の爪も整えます。
マッサージを仕事にしているので、爪は伸ばせません。
爪の先の白い部分が見えてきたら、
全部削ってしまいます。
短い爪でも、フレンチネイルに仕上げれば、
ほんのちょっとでも長く、
指も、ほんのちょっとでも長めに見せることが出来るので、
そうすることにしています。
 
寝る前には、まつげがフサフサに育つように願いを込めて、
まつげの美容液をつけます。
 
他にも、いろいろケアしたいところがあるんですが、
寝る前には、インターネットもして、本も読んで、
十分な睡眠時間も確保したいので、
なかなか難しいですね。
きちんとされてる人は、
もっといろいろやってるんでしょうね…。
 
いま、お手入れをサボる日と、頑張る日の、
タイミングと、メリハリをどうつけるか、
月のリズムと女性ホルモン分泌の変化をみながら
試行錯誤しているところです。
 
みなみ

バッタの足が!!

月曜日, 8 月 17th, 2009

先日、友人の子供(2歳の男の子)らと遊んでいたときに、トノサマバッタをみつけました。
虫がめちゃくちゃ苦手なんですけど、つかまえてあげようと思ってがんばってみたのです。
でも、怖くてなかなかつかめない(++)
“急に跳んだらどうしよう”とか“さわって変な汁が出てきたらどうしよう”とか考えると、手が出せなくて。
で、その子をだっこしながら、息を呑みつつ、かなりの時間をかけて、脚に手をのばしたところ…
つかんだ瞬間何の手ごたえも無く、脚が取れたんです!!!!!
ポロ。。。って感じで!!!!!
んで「わーーーーっ」って驚いて、でもなぜかすぐ面白くなって。
周りでみてた友人らと爆笑してたら、私の腕の中で固まってる子が(笑)。
「怖かった?」って聞いたら、泣きそうな顔でうなずくだけ。
きっと、私がドキドキしてるのが伝わってて、そんで急に大きい声で叫んでしまったからビックリしちゃったんだと思います。
すぐに復活して元気に遊んでたけど、悪いことしちゃったな~と思います。
で、バッタのあの行動は?
トカゲの尻尾切りみたいなこと?
とにかく、これからは胴体をつかむようにするか、むやみに挑戦しないことにします。
小さい頃は平気やったのにな~~~。
***キムラ***