Archive for 7 月, 2009

チェンマイの山奥へ、デトックスの旅

金曜日, 7 月 31st, 2009

私、みなみがとても気に入っている、
タイの北部、チェンマイの滞在型のヘルスリゾートは、
バンコクから北へ、飛行機で1時間、
そこからさらに車で45分ほどの、
チェンマイ市街から少し離れた山間にあります。
これまで3度ほど行きました。
 
デトックス、減量、ストレス解消など、
その人の体調や、
滞在目的に合わせて、
3泊~7、8泊の滞在パッケージがあります。
 
到着すると、まず空気が違う!
緑に囲まれて、大きく深呼吸するだけで、
バンコクの喧騒から離れて、
ゆっくりしに来た甲斐があったなと思えます。
 
滞在中は、一日3食、
滞在客の血液型別に用意された、
ノンケミカル、ノンシュガーの、
オーガニック料理を食べます。
これが、意外と結構何を食べても美味しかったです。
 
リゾート内での喫煙や飲酒は禁止、
カフェインもなし。
 
静かで、空気のおいしい山奥で、
日の出前に、鳥の声とともに目覚め、
毎朝、気功のレッスンで、
なんともスッキリ爽快な一日が始まります。
 
日中は、早速水着に着替えて、
プールサイドで本でも読みながらゴロゴロ。
 
もしくは、炎天下、プールサイドで、
大きなバナナの葉で体をすっぽり覆い、
バナナサウナ。
お肌に悪い紫外線は通さず、
赤外線だけを取り込むので、
これで、ラクして大量な汗をかいて、
デトックスします。
 
もしくは、
テニスをしたり、プールでひと泳ぎしたり。
 
もしくは、豊富なメニューの
マッサージやスパトリートメントで、
優雅に過ごします。
 
マッサージは、
タイ古式から、フット、アロマなど
基本的なものの他に、
内臓のマッサージとか、
ユニークなものもあります。
 
リゾートには、ドクターも駐在していて、
滞在初日に、血液検査をします。
 私は、いたって健康だと勝手に思いこんでた血が、
実は、サラサラと言うよりは、
少々どろどろ気味だったことを知らされ、
虫歯治療の詰め物とか、フライパンのおこげ、
(さすがにタイだと、屋台で食べることもあったので、)
多少不衛生な水や食事の摂取が原因で、
血中に重金属が少し溜まってるよとか、
いろいろ分析してくれました。
 
私は、腸のマッサージも、
腸内洗浄もここで初めて体験し、
その後バンコクへ帰った後も、
すっかりはまってしまいました。
 
施術を担当してもらった方の話だと、
東南アジアなど、
食事生活が自国と大きく違う外国へよく旅行されたり、
長期滞在されてる方は、
半年に一回くらい、
腸内洗浄をして、
本格的にデトックス(毒抜き)をするといいんだそうです。
 
タイ南部の、ど田舎で、
青年海外協力隊のような支援活動をしていた
アメリカ人男性の知り合いも、
腸内洗浄で、
顔色、髪や肌のツヤが、
見違えるようになりました。
本人は、
東南アジアのどんな過酷な僻地でも、
何でも食べれる、どこでも生きていける、
病気になどなったことないんだと、
武勇伝のように誇らしげに語っていますが、
明らかに体調にも違いを感じたはず。
 
それはおいといて、チェンマイの話。
夕食後は、
ヨガ&瞑想のレッスンに参加して、
精神統一、心の中を空っぽにします。
寝る前に仕事のことなど、
考えてしまわないように。。。
 
サウナやハーブのスチームは、
一日何度でも入れるので、
夜は、お休み前にも、また入って、
赤ちゃんのように、
ぐっすり眠ります。
 
リゾートの滞在客やスタッフは、
健康とか、東洋医学に興味がある
おそらく40代以上の、
少々マニアックな感じの西欧人ばかりでしたが、
毎日食事を囲んで、
色んなユニークな人たちと出会えて、
楽しかったです。
 
ヨガを極めようと、インドの山奥に長期滞在した人とか、
アメリカで気功を広めようと頑張ってる人、
自国でエステティシャンやアロマセラピストとして働いてる人、
とにかく痩せたくて来たのだという、
騒がしいイギリス人のおばちゃん軍団とか。
  
ダイエットや健康食品を
次々に試すよりも、
一度、体内に溜まった毒抜き(デトックス)をしたあとに、
栄養のあるものをからだに摂り込めれば、
むくみもスッキリ、
気分も爽快。
さらには、
髪の毛も血もお肌も、
ツヤツヤ、サラサラになるんだと思います。
 
気功のレッスンだとか、
オーガニック料理だとか、
マニアックなイメージが強いのか、
なかなか、一緒に行ってくれる友達がいなくて、
ここへは、いつもひとりで旅行していました。
 
興味がありそうな人に出会ったら、
もっとたくさんの人に
オススメしたいです。
 
みなみ

新世界のス○ワールド

水曜日, 7 月 29th, 2009

只今、1000円キャンペーン中です(宣伝になりますが)。
今月は一人で一回、友達と一回行きました。
ス○ワールドは毎月、お風呂の種類が男性と女性入れ替わります。
7月はヨーロッパ風呂でした。
ってことは、8月はアジア風呂ですね。
私自身、スパワールドへはOPEN当初からちょいちょいと。
その頃からヨーロッパ風呂にあたる確率が、異常に高い・・・(’=’;)
8:2くらいでしょうか。
一緒によく行ってた友達(現在東京在住)なんかは、いまだにアジア風呂にはいったことがない、と。
私が誘うタイミングが原因???
今月一緒に行ったときも、またまたヨーロッパ風呂だったので「あこがれのアジア風呂へはいつ…」とつぶやいておりました。
なんか…、ごめん!!!
リベンジを果たすために、次回は偶数月に帰ってきておくれ~~~(>3<)
私はアジア風呂の方がお気に入りなので、ぜひ彼女にも知ってほしいのです。
皆様も、このキャンペーン中に、ぜひ足を運んでみてくださいね☆
***キムラ***

タイでタイ古式マッサージを受ける

月曜日, 7 月 27th, 2009

私、みなみは、
バンコクに2年半住んでいたので、
 
本場のタイで、
タイ古式マッサージを受けた経験は、
どちらかと言うと、
多いほうだと思います。
 
色んなところに行ってみましたが、
私が行った中でも、
値段も、マッサージの上手さも、
ピンキリでした。
 
そして、値段が高いところが必ずしも良くて、
安いところが劣るという訳ではないな、
と思いました。
 
値段は、
90分のタイ古式マッサージとして、
高級ホテル内のスパですと、
6000円~1万円弱かしら。
ホテルのグレードにもよります。

 
バンコクの大きなデパート内や、在住外国人の多いエリアにあって、
綺麗で、おしゃれなデイスパや、
地方の中級リゾートホテル内のスパなど、
明らかに外国人をターゲットにした場所なら
4500~6500円くらいかな。

 
裕福層の地元タイ人や中国系観光客の団体、
タイにかなり通いつめている、
航空会社のクルーなどがご用達の、
大型の健康ランドのような施設は、
1500円くらい。
 
 
衛生面やサービスに問題があるけれど、
路地裏や繁華街の真ん中に、
狭いスペースで営業しているお店だと、
1000円~それ以下でしょう。
 
 
さらには、
パタヤやホアヒンなどのビーチで、
マッサージいかがですか~、
と声かけてくるおばちゃんもよく見かけます。
ビーチでは、(私は受けたことないですが、)600円くらいからです。
 
 
美顔や、ボディマッサージやトリートメントを受けるのなら、
使用しているプロダクトや、機械、
スタッフの技術力や資格の有無などによって
値段の差が出てきますが、
 
タイ古式マッサージは、
マッサージ師の腕一本で勝負なので、
結局、ごろんと寝ていただける用に、
下に敷くマットさえあれば、
どこでも出来る?
という事でしょうか。。。。
 
タイでは、マッサージや、エステを一つの売りとして、
観光客を呼び寄せているところがあるので、
中には、きちんとスクールで勉強したわけでも、
職業訓練を受けた訳でもないのに、
商売でマッサージを施している人や、
まったく経験も知識もないのに、
そこに住み着いちゃった西欧人が、
デトックスブーム、スパブームを利用して、
お金儲けにしか目的にしていないような
スパや、リゾートなどを経営している場合が
本当に、びっくりするほど、たくさんあります。
 
なので、
お店選びにも注意が必要です。
 
特に、田舎の方に行くと、
ホームページの印象や、
入り口やサロンの雰囲気が、
おしゃれで綺麗なところでも、
サービスの質は疑わしいこともあるので、
気をつけないといけません。
 
私も、サムイ島の、とあるスパで、
オイルマッサージを受けた時、
スパの入り口や全体の、
おしゃれなアジアのリゾートの雰囲気と、
スタッフの技術力と接客力のあまりの低さとのギャップに、
相当がっかりさせられました。
 
私が一番頻繁に通っていたところは、
大衆向けの健康ランドのようなところで、
すべてテレビ付きの個室で、
たくさんいる施術士のひとりひとりが、
施術士番号入りの名札が付けていて、
よく通ってる航空会社のクルーなんかは、
予約時に、指名したい施術士を3人くらい
リストアップしてる人もいました。
 
こういうところが、結局、
一番技術が優れてるんじゃないかなと、
私、みなみは思います。
 
ちょっと安めの、タイ人の大衆向けのところだと、
施術士のおばちゃんたちが、
個室の壁(もしくはカーテン)を超えて、
雑談したり、
客待ち中のおばちゃん達が、
外の屋台から持ち込んだと思われる、
レッドカレーやら、青パパイヤサラダやら、
焼き鳥チキンやらを、
別部屋で食べている、
ニオイが充満してきます。
 
 
さらには、マッサージの終わりごろ、
せっかくスッキリ爽快な気分になってたのに、
「チップは100バーツね」、
と耳元で囁かれたりすることもあります。
 
どこで受けたらいいのかわからない時は、
お値段はしますが、
結局、一流ホテル内のスパで受けるのが、
間違いないんじゃないかと、
思います。
まず衛生面は間違いないでしょうし、
ほとんどの場合、
ちゃんと国際資格を持った施術士が対応してくれます。
 バンヤンツリー、デュシタニなどが、
バンコクでスパが有名なホテルです。
 
 
もしくは、スクール併設のスパもお勧めです。
私がフェイシャルやオイルマッサージなどを学んだ
バンコクスパアカデミーは、
バンコクの中心にある大型ショッピングモールの中や、
バンコクの高級住宅街などに、
直営サロンが数店舗あって、
独自の化粧品を開発して販売もしていました。
 
併設のスクールの理念にそって、
ちゃんと職業訓練を受けたスタッフが対応してくれます。
 
また、バンコクなら、
日本人が経営しているお店も数軒ありますので、
お勧めしやすいです。
日本人のお客様が絶対がっかりしないサービスが出来るよう
きちんと教育されたスタッフが対応してくれます。

 
みなみ